松智洋の病名・死因は?迷い猫オーバーランのネタバレは?

ライトノベルを精力的に執筆されていた

松智洋さんが43歳の若さで亡くなられたことが

ニュースで報じられました。

 

昨日、吉野朔実さんという漫画家の方が50代でなくなって驚いていたのですが、

連日の逝去の報道でさらに衝撃を受けています。

 

現役で頑張っている作家さんが亡くなられると、

本当に痛ましい気持ちになりますよね。

 

作家さんの早死の原因が気になってしまったので、調べてみることにしました。

代表作である迷い猫オーバーランのあらすじもあります。

 

松智洋さんのwiki・プロフィール・性格など

松さんは1972年10月13日に生まれ、昨日の5月2日に亡くなられました。

小説家としてデビューされたのは、2008年の迷い猫オーバーラン

36歳というあまり早くないスタートだったようです。

 

しかし、その後相当のハイペースで作品を執筆され、

次の代表作となる「パパのいうことを聞きなさい!

では1年間で6冊を執筆されていたそうです。

 

その間にアニメ化の打ち合わせなどもやっていたということで

相当ストイックな性格であることが伺えますね。

 

また、36歳という年で小説家としてスタートされたことからも、

周りの声に影響されない、チャレンジ精神旺盛な方だったのだと思います。

 

松智洋さんの病名・死因は?

今回、松智洋さんの死因は病気ということしか明らかにされていませんが、

昨日も吉野朔実さんという漫画家の方が50歳代で亡くなられたことから、

作家さんの早死には共通の病気があるのではないかと思います。

 

昨日亡くなられた吉野朔実さんの死因や代表作などについてはこちら

 

43歳で亡くなられたということですが、最近はガンで早くお亡くなりになる方は多いですよね。

松智洋さんもそうなのかもしれません。

それにしても、不思議の島のエルザという新作が今年の1月に発売されたばかりですからね…

松さんのオーバーワークが悔やまれますね…

 

迷い猫オーバーランのあらすじ・ネタバレ・無料立ち読み

松さの代表作である迷い猫オーバーラン!のあらすじを

少しご紹介させていただきます。

 

2008年から2012年まで全12巻で刊行されていました。

2012年の時点で累計200万部発行された大ヒットラノベです。

 

この物語は、二人の姉弟・ 都築 乙女都築 巧

と弟の幼なじみの芹沢文乃3人が、

姉妹の営んでいた洋菓子店ストレイ・キャッツを運営しているところに、

猫まねをよくする少女・霧谷 希がやってくるところから始まります。

 

希は今までケーキを作ったことがないのにもかかわらず

パティシエ並のケーキを作ったことからストレイ・キャッツ

で働くことになります。

 

基本的には、主人公の巧をめぐるラブコメで、

ヒロインたちがヤキモチ焼いたりするのが可愛いラノベです。

また、迷い猫というタイトルからわかるように

ヒロインたちの性格は猫っぽいです。

不機嫌だと引っ掻いてきたり。

 

漫画版になってしまいますが、松智洋さんの作品は無料立ち読みすることができます。

 

下のリンク先(配信サイト:まんが王国)で、

検索欄から『松智洋』で検索して下さいね♪。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『松智洋さんの作品』を無料立ち読み  

 

 

松智洋さんのご冥福をお祈りいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

女性向け漫画以外にも、ホラー漫画なども好きです。 近くの本屋は潰れるし、アマゾンは送料無料じゃなくなったので 最近は電子コミックでよく読みます。 このサイトで主に紹介している まんが王国、BookLive(ブックライブ)、Handyコミック、コミなび は携帯電話会社のキャリア決済で支払いができます。 携帯電話代と一緒にまとめて請求してくれて、 クレジットカードの登録とかしなくていいので便利ですよ~♪